Diary日記

2022.04.28施工現場

風の見える庭をつくる

 

 

雑木のお庭が完成しました。

 

設計士さんにご依頼されたというこだわりのお住まいは、

天然木の窓枠や、何度も悩まれたという外壁の色、

和室には障子を入れ、四季折々の景色を楽しむことができる空間がたくさんでした。

 

そのこだわりの一つ一つを大切にしながら、一層お家を引き立てられるよう、外構・庭の設計、施工をさせていただきました。

 

 

和の雰囲気を醸し出しながらも、全体的には「和」の部分が見えすぎないよう、あえてコンクリートの打ちっぱなしの壁で和室を囲い、程よい高さの目隠しを配しました。

 

 

温もりを感じる塗り壁の家には、ウッドフェンスなどの同じあたたかさを感じる素材ではなく、正反対のクールなコンクリート壁にすることで、双方の相性はとてもよく、お互いの良さを引き立て合うのではないかと思っています。

 

大面積を占めるお家の角には、二階まである山採れのアオダモを植えさせていただき、角を和らげる効果を狙いました。

 

 

和室前には自然石の沓脱石を据え付け、

玄関前の腰窓には、常緑の旭ハランとベニシダ、雨水桝などを隠すため割石をゴロゴロところがし、小さな窓から見える景色も意識しました。

 

キッチンからのピクチャーウインドウには、こちらも山採れのヤマモミジとハイノキを・・・。

目隠しになるよう、天然木の杉板のフェンスを施しています。

 

 

 

この季節、ハイノキの繊細で優しい花が咲いています。

 

 

風が木々の葉の上を渡ることで、

 

優しい風に変わり、

葉や穂を揺らし、

それを見る住まう人の心を癒すことができたなら。

 

いつもそう思いながらお庭づくりをさせていただいております。

 

この度は、ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

ふじい

 

 

 

 

 

Company会社概要

Tel_0877.47.1161